バナー

歴代最高のヘビーメタルギタリストから考えるギターの存在

先日、アメリカの大手ギターメーカーのサイトにおいて、歴代最高のヘビーメタルギタリストTOP10が発表されました。
トップ10の内のほとんどが1980年代以前に音楽シーンにデビューを果たした、大御所と言っても良い人物が名を連ねるという結果になりました。



中でも1980年代にデビューした人物はランキングの半数を占めています。

1980年代と言えば、まさしくヘビーメタルの黄金時代として知られており、プロモーションビデオの普及と音楽専門チャンネルの登場などによって、多くのギターヒーローが誕生した時期でもありました。

その影響の下、多くの10代の少年達は自ら楽器を手にし、未来のプロギタリストを夢に見ました。

同時期に、ギタースクールの開校も相次ぐなど全国的な普及が加速していきました。1980年代も終わり1990年代に入ると、やがてヘビーメタルブームは落ち着いてくると共に、HIPHOP等の新たな音楽ジャンルの登場によって、ギター以外にサンプラーやターンテーブルが人気を得るようになってきます。

あなたが求める選びであなたの手助けをします。

現在ではロックやダンスミュージック、HIPHOPとヘビーメタルなどの音楽が合わさって一つの音楽とされる、ミクスチャーというジャンルが一般的に定着しました。ここで改めてギターの注目度が上がったと言え、かつてロックやヘビーメタルの世界でそうだった様に、ミクスチャーのジャンルからも新たなヒーロー的ギタリストが登場し、多くの若いギタリストの憧れの存在となっています。
さらに最近では、女子高のバンド活動を描いたアニメの影響からギター人気が爆発するなど、新しい層からのギター需要が高まっています。

はとにかくお勧めです。

家の近くに楽器点が無くても、近年はネット通販で簡単に楽器を購入できる事も相まって、ギターの売り上げがここ数年で大きく伸びていると伝えられています。


今後、新しいギタリストヒーローが誕生するのか、またギターがどのように音楽シーンに関わっていくのか注目です。